記録係、松田でございます。

2013年12月上旬、とうとうMさんのお宅が完成しました。

0040
玄関入り口には津波で流され、のちに奇跡的に見つかった屋号。

0038

 

嬉しそうに話すMさんのおじいちゃん。

0046

 

震災後に生まれたひーちゃんはずっと仮設住宅での生活だったので、走ることができる廊下があって本当に嬉しそう。

0062

 

 

最後に家族写真をパチリ。

0063

 

 

家は人が住んでこそ、生きてくるものだと思います。
これからもずっと仲良く暮らして下さい。

また会いにに行きます。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。